IT紛争/IT法務 – 対応サービス

 当事務所では、以下のようなIT紛争/IT法務の諸問題に取り組んでいます。これらに対して、「IT訴訟/調停」「IT鑑定」「システム監査」「セカンドオピニオン」「開発工程管理支援」といった様々な手段を駆使して対応を図ります。

  • 半数以上のプロジェクトが”失敗”と言われる「システム開発」の紛争対応と未然防止
  • アプリやAIで活発化する「共同開発」のノウハウ管理とレベニュー・シェア対応
  • 理念とビジネスとの間で揺れる「オープンソース/FOSS」への法対応
  • 万が一への備えを通してソフトウェアの提供価値を高める「エスクロウ」の活用
  • 開発、運用、保守のわずかなミスが致命傷になる「システム障害」の予防と後処理
  • クラウドコンピューティング」における利便性とセキュリティ等のリスクの調整
  • クラウド時代の「ASP/SAAS」のライセンスやSLAの適正運用
  • 商流が複雑となって責任関係が不明確になりがちなIT系「販売代理店」の透明化
  • 個人情報や営業秘密など、企業の死活にも関わる「情報セキュリティ」の確保
  • 情報の窃取、不正な競業、フリーライドなど、多様化する「不正競争」への対処
  • 情報システム、デジタルコンテンツ、ドメインなど、「知的財産権」のコントロール
  • BtoBもBtoCも商取引の主流となった「Eコマース」でのトラブル対応
  • 電子掲示板、SNS、オークションなど、「インターネット」上のトラブル対応
  • 社会と経済を変革しつつある「IOT/ビッグデータ」の利活用と規制対応
  • 暗号資産と共に新たな社会インフラを形成しつつある「フィンテック」への法対応
  • 偽装請負や長時間残業など、特有の問題を生じやすい「IT労務」の適正化

 上記の手段や対象は、当事務所が提供しているサービスを分かり易いように類型化したものです。当事務所では他にも、IT紛争/IT法務の全般に対応しています。お気軽にお問い合わせ下さい。