書籍① ディベートで学ぶシステム開発委託契約

 システム開発契約の主要トピックについて、ユーザとベンダの仮想ディベートで「解説」したものです。システム開発契約で押さえておくべき重要事項や、ユーザとベンダとの間で生じがちなトラブルを踏まえた契約書での対応について学びたい方に向いています。

1.多段階契約
2.請負/準委任
3.支払条件
4.再委託
5.変更管理
6.検収
7.瑕疵担保責任
8.著作権
9.秘密保持
10.損害賠償
11.仕様書
付録.平成29年債権法改正の概要

【あとがき】より
 英語に Battle of Forms という言葉がある。自己に有利なひな型(Forms)を用意しておいて、それを相手方に呑ませよういう交渉スタイルを揶揄したものである。実際、「交渉力」を背景にだだリスクを押し付け合うだけでは、交渉とは名ばかりである。もちろん、相手方との契約交渉で訳もなく譲歩を強いられたり、気づかないうちにリスクを背負わされたりすることは、何としても避けなければならない。しかし、その逆もまた好ましいことではない。契約交渉は、一面で Battle であるが、ただの Battle ではない。契約によって拓かれる取引の、公平で合理的な「私的ルール」を創り上げるためのものである。
 もっとも、何が公平で合理的かということになると、ユーザとベンダの見方は180度違ってくる。これは、契約のゼロサム面の現れである以上に、利用者と開発者という「文化」の違いの反映である。少なくとも相手方から見る限り、ユーザは開発者の「文化」に無理解であるし、ベンダは利用者の「文化」に無関心である。互いの「文化」を良く知ることは、ゼロサム関係を超えたパートナーとして、開発を成功させるための土台でもある。相手方からの少々耳の痛い主張には、真摯に耳を傾けなければならない。とても認め難いと思える主張にも、一分の理があるかもしれない。その意味で、むしろ相手方の主張にこそ、多くの「学ぶ」べきことがある。


【内容紹介】